ニューフェイス

管理栄養士

牧嶋 悠

2020年入社

デイサービスセンター アルフィック東川原 勤務
京都女子大学 卒

QUESTION 01

アール・ケアで働きたいと思った理由は?

アール・ケアなら、管理栄養士の仕事や役割をゼロから作り上げられると思ったことが入社動機です。通所施設の管理栄養士は、在宅の栄養管理がメイン。疾病の状態だけでなく、お客様の家での状態に合わせ、各々きめ細かな指導ができるところに面白さを感じました。実際に、デイサービスでの指導に加え、ご自宅を訪問して家での食事内容についてアンケートや聞き取りを行い、低栄養であれば高エネルギーにする方法や献立をご提案しています。また、お客様の血液検査データや既往歴を確認し、必要な栄養素についてお伝えするなど、在宅の食事管理を継続的に指導しています。現在、より良い管理栄養士像を求めて模索中の毎日です。

QUESTION 02

新人のための研修や制度を教えてください

2週間の新人研修の後は、各自配属先の事業所で先輩がプリセプターとして指導役についてくれます。私のプリセプターは、優しく気兼ねなく相談ができる先輩で、しかも、お客様に対する熱量や一緒に働く仲間への愛がとても大きく、私に対しても間違いがあれば細かく丁寧に指導してくれました。入社して4カ月程経った頃のことです。栄養改善の必要なお客様が増加し、管理栄養士だけでの管理が難しくなってきたことを相談した時は、各事業所全員で取り組むという一番大切なことを思い出せるようアドバイスされ、心が楽になったことを覚えています。今でも、事業所全体で栄養改善に取り組むことを意識しながら、多職種連携を積極的に図っています。

QUESTION 03

あなたの将来の目標は?

アール・ケアでは、お客様の生活をスタッフ一丸となって支えています。栄養状態の管理も多職種の視点から意見をもらえます。たとえば、リハビリテーションスタッフからはお客様の運動量の情報を。介護スタッフや看護師には浮腫や火傷の状態についての意見を。それらをもとに、より良い栄養指導を実現しています。今はまだ栄養指導の認識も低く、必要のある方がいてもご家族、ケアマネジャーに理解されづらい部分があります。お客様が一人でも改善に導けるようにかかわり、任せたいと思っていただける管理栄養士になることが目標です。そして、アール・ケアといえば「リハビリと栄養」と言われるように信頼を高めていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

WORK SCHEDULE

8:30〜出勤。朝礼。事業所移動あれば準備し、移動。
9:00〜事業所到着。ドリンク提供、お客様に挨拶やスタッフと情報共有。
10:00〜栄養改善算定者とお話やフロア業務。
11:00〜栄養改善データ管理、お客様への資料作成しお客様への指導、栄養ケア計画書や月末報告書作成。
12:00〜昼休憩。12:30に事業所移動あれば、移動。
13:00〜事業所到着。お客様に挨拶と情報共有。
14:00〜栄養改善算定者とお話、フロア業務。
15:00〜栄養改善データ管理、お客様への資料作成しお客様への指導、栄養ケア計画書や月末報告書作成。
16:00〜事業所移動。東川原へ帰所。
17:00〜休憩し、終礼。
17:30〜退勤
TOP
TOP